ホーム > れっどの投資講座 > テクニック編
入門編 知識編 テクニック編 情報編  
テクニック編 >  トレード戦略 >  仕掛け >  ホールド >  手仕舞い
証券用語解説集(野村證券)   証券用語(東京証券取引所)
ホールド

仕掛けた後は、ホールド(保有)期間を決めなければなりません。 ホールド期間はトレード戦略毎に違いますが、仕掛ける前にあらかじめ決めておくべきでしょう。 ホールド期間毎に、どのようなトレード戦略があるのかを説明します。

ホールド期間が1日

1日の中でトレードを完結してしまうトレードは、 デイトレード と呼ばれます。 ( DAT:ダイレクトアクセストレード と呼ぶ場合もあります。)

デイトレードでは、1日の値幅制限内でしか利益が出せませんが、 マーケットに参加している時間が短いため、倒産や不慮の事故などによる悪影響を受けるリスクが 軽減できるというメリットもあります。

ホールド期間が2日〜数日間

数日間ポジションを持つトレードは、スウィングトレードと呼ばれます。 スウィングトレードとは本来「相場の波を取るトレード」という意味なのですが、 結果的に数日間ポジションを持つ事に変わりは無いので、同じように呼ばれる事が多いようです。

スウィングトレードでは数日間の株価変動があるので、比較的大きな利益を得る事ができる反面、 ザラ場 終了後に流れるニュースなどの悪影響を受けるリスクが高まってしまいます。

ホールド期間が1週間〜数ヶ月

1週間〜数ヶ月ポジションを持つトレードは、ポジショントレードと呼ばれます。 トレンドフォロー・ サヤ取り 裁定取引 などのトレードがこの分類に入ります。

個別差はありますが、どんな株でも1週間〜数ヶ月あれば、一つの相場の波を形成するので、 タイミングが合えば、波の上下幅を全て取れる事もあるでしょう。 しかし、相場に大きく影響するニュースは土日などに報道される場合が多いので、 予想もしない暴落に見舞われる危険性は高まってしまいます。

ホールド期間が数ヶ月〜数年

数ヶ月〜数年ポジションを持つトレードは、長期投資となります。 長期投資をする場合、企業を長期的な視点で見る必要があります。 企業の利益成長に注目する投資手法を グロース投資 、企業価値と比較して割安となっている株に注目する投資手法を バリュー投資 と呼びます。 また、 配当性向 の高い企業である場合、継続した配当狙い( インカムゲイン )で投資する方法などもあります。 (売買差益による利益は、 キャピタルゲイン と呼ばれます)

長期投資では、企業が予想通り大きく成長すれば大きなリターンが期待できますが、 予想を外すと思いもかけない安値になってしまう危険性もあります。 長期投資をする場合「企業に投資する」という意識を持ち、 「短期的な株価変動は気にしない」位の覚悟が必要となります。

前のページ  <  ページトップ  >  次のページ



当サイトは情報提供を主な目的としており、 当サイトの情報を利用した事による損失等については一切の責任を負いません。
Copyright (C) 2004 Red. All Rights Reserved