ホーム > システムトレード講座 > 入門編
入門編    
システムトレードとは? >  システム作成準備 >  システム構築( 設計 -  テスト -  結果検証 -  運用 -  見直し
システム作成準備

システムトレードを始めるには、まずトレードシステムが作れる環境が必要です。 トレードシステムを作成するためには、 Excelマクロやプログラム言語でシステムを自作する方法と、 トレードシステム作成支援ツールを利用する方法があります。

バックテストを実行する仕組みまで自作するのは、 プログラムの専門知識が必要となり、時間もかかってしまうので、 市販のツールを使うのが現実的だと思います。

トレーディングシステムを構築できるツールをいくつか紹介します。 海外では「システムトレード」という考え方が浸透しており、ツール数や機能も豊富です。 なかにはTICKデータを使ったデイトレードシステムなどが作れるツールもあるようです。 一方日本では、システムトレードという考え方がそれどほ浸透しておらず、 ツール数はまだ少ないようです。

今のところ、機能や操作性、株価データ取得の簡単さなどを考えると、 パイロンソフト社製のパイロンが使いやすいと思います。 無料で試してみたいのであれば、Protraなどを使ってみるのもいいかもしれません。

システム作成ツール
  • パイロン - 日本製。初期費用12万円。日々の株価データは無料。
  • Protra - 日本製。無料。簡単なプログラミング言語でシステム作成可能。
  • TradeStation - 海外製。専用言語でシステムを作成可能。
  • Wealth-Lab - 海外製。
  • eSignal - 海外製。
  • MetaStock - 海外製。
株価データの入手

システムを作るためには、ツールだけでは不十分で、過去の株価データも必要になります。 ツールによっては、購入時に過去データが付随するものもありますが、 日々の株価データは、どこからか入手しなければなりません。 株価データが入手できるサイトをいくつか紹介しておきます。

カブカン type A(パイロン専用データ)
【無料】 国内株式(日足)
PanRolling
【有料】 国内株式(日足)・ 株価指数先物(日足)・ 債券先物(日足)・ 国内商品先物(日足)・ 海外相場(日足)
ドリームバイザー・ドット・コム
【有料】 国内株式(日足)
【無料】 為替(日足)・株価指数先物(日足)
ジャッジ(タイコム証券株式会社)
【無料】 株価指数先物(日中足)
Yahooファイナンス
【無料】 国内株式(日足)
日経225Fトレード研究会
【有料】 株価指数先物(日中足)
日経225先物研究所
【有料】 株価指数先物(日中足)
データ・ゲット株式会社
【有料】 国内株式(日足)
前のページ  <  ページトップ  >  次のページ



当サイトは情報提供を主な目的としており、 当サイトの情報を利用した事による損失等については一切の責任を負いません。
Copyright (C) 2004 Red. All Rights Reserved